PRODUCT
UPAS NOC
UPAS NOC
「UPASイントラネットコントロールセンター」は、政府機関向けの主要な調達ソリューションです。合計14のモジュールをニーズに応じて自由に購入できます。機能には、NACネットワークアクセスコントロール、IPAMIPロケーション管理、IAMアイデンティティ管理、ITAM IT資産管理、モバイルデバイス管理(MDM)5つの主要なイントラネット管理ソリューションが含まれます。
解決ソリューション
NAC ネットワークアクセスコントロール
各種端末設備を全面的に管理し、Windows、 Linux、macOS、Android、iOS等、各種OSの設備管理をサポートします。設備のIP/MACの情報を収集してセキュリティ管理ポリシーを制定し、コンプライアンス違反設備による不法な社内LAN接続を禁止し、さらにIP所在地を識別し、所定の更新、補修を実行していない問題のある設備を迅速に検出して処理します。
IPAM IPロケーション管理
設備ホワイトリストを自動的に作成し、設備プロパティを認識し、全ての設備のIP/MAC情報を表示します。社内LANに接続する設備のIPを集中管理し、IP使用記録をサーチします。IPv4とIPv6同時管理以外に、DHCPv4 と DHCPv6 のIP割り振り機能がさらなる至便性を提供します。ホワイトリスト結合メカニズムにより、双方のIP/MAC対応とIP割り振りの連携管理を実現します。
IAM アイデンティティ管理
全てのコンピュータ設備についてADアカウントによるログインを義務付ける企業の規範の要求に対応します。ADアカウントと設備のIP/MAC、コンピュータ名、他のアカウント関連情報を統合し、訪問者及び個人端末のアイデンティティ検証を可能にし、完全な設備情報を提供し、情報管理者の企業内の全設備の管理をサポートします。
ITAM IT資産管理
定期スキャンソフト、ハードウェア、他の設備情報により、顧客の全資産の最新情報保持をサポートします。ソフトウェアのコンプライアンス及び組織内のライセンス未処理ソフトウェアの使用状況を把握する以外に、コンプライアンスに準拠するUSB設備であればデータアクセスを許可することを定めることもできます。
UDA データ分析モジュール & SCP コンソール
UDAとデータ分析ソフトウェア(Tableau)を組み合わせると、ISO 27001の要件を満たすさまざまなレポートをカスタマイズできます。これにより、検査が容易になり、イントラネットデータが一目でわかりやすくなります。 SCPを使用すると、大規模なユーザーはグローバルUPASシステムを管理し、ホワイトリストを同期し、イントラネットデータをオンラインで統合できます。
MDM モバイルデバイス管理
MDM モバイルデバイス管理は、ネットワークアクセス制御テクノロジを組み合わせて、モバイルデバイスがネットワークに入るときにコンプライアンスチェックとID識別を実行し、グループ設定に基づいて制御ポリシーを適用して、企業や政府が情報セキュリティを保護し、管理ツールを提供できるようにします。
システムの特徴
01
 
802.1X不要、迅速に導入、運用が楽で容易
02
 
選択可能なエージェントのインストール、顧客の環境に柔軟に適応
03
 
多種システムと連接可能、多種接続設備を認識
04
 
異常リスク管理とシステムセキュリティメカニズム内蔵
05
 
802.1XWindows、Linux、macOS、 Android、iOS等、クロスプラットフォーム統合能力
06
 
高いユーザビリティと自動化管理設計、大幅に作業効率が大幅に向上
導入事例
台北病院:医療サービスの質を安定させるために、内部ネットワークにIP管理を実装します
10年間の安定した協力により、UPASは台北省病院のIP / MAC管理とホスト識別を強化し、医療システムの安定性を改善し、個人情報保護のための信頼できる監査データを確立しました。
September 30, 20
台中銀行:内部ネットワーク管理を改善し、個人資産保護を強化する
2012年以来、台中銀行はUPASと緊密に連携して、機器のIP管理を強化し、セキュリティポリシーを実装し、個人情報の法規制を遵守するために個人情報の漏洩リスクを軽減しています。
October 05, 20
インデックスの利点
01
不法設備接続防御能力が強い

Mac OS、Win10+360、Win10+固定IP、華為、小米の携帯デバイス遮断能力があります。

02
データの完全性と設備認識率が高いこと

多種設備のIP、Mac、デバイス名、LAんカードブランド、ワークグループ、設備プロパティ、OS、スイッチポート、ADア カウント使用を完全に認識、記録。

03
スマート認識および自動化機能

準拠するデバイスは自動的にホワイトリストに追加され、グループは自動的にポリシーを適用します。違反しているデバイスは自動的にブロックされ、Webページは再ルーティングされて警告と修理を案内します;Switchは更新した後に自動的に再配置されます。

04
LANのセキュリティ完璧率

インポート後、AD管理率、WSUS管理率、OS更新率、アンチウイルスインストール率、ウイルスコード更新率、およびソフトウェアのインストール率が98%以上に達することを確保します。

05
アクセス制御能力

管理要件に従って、問題のあるデバイスがLAN‧WANに対する使用権をそれぞれ制限することができ、問題のデバイスは特定されたホストにのみ接続できるよう制限を設けることもできます。

06
リスク管理とシステム保護メカニズム

システムが異常を検知し動作を停止しても、ネットワーク全体の動作には影響しません。また、人為的および非人為的なシステム異常を検出し、監視モードを自動的に切り替え、機器の誤ブロックを回避できます。

07
便利なメンテナンスと低い運営メンテナンスコスト

メンテナンスと管理の負担は軽く、ネットワーク/端末機器ブランドモデルに制限はなく、頻繁な交換と簡単な設定はありません。エージェントをインストールするかどうかは自由に選択することができ、エージェントをインストールしても安全性や機器の動作には影響しません。

08
視覚化されたデータ表示

UPASのセキュリティコントロールセンターと資産統計ダッシュボードは、すべてのLANネットデータを統合してグラフィカルに表示できるため、管理者がLANネットのリアルタイムダイナミクスを分析して全体を把握するのにとても便利です。

配備アーキテクチャ

UPASの社内LANセキュリティコントロールシステムは階層式構成が可能で、それぞれコンソールシステム管理プラットフォームとセンサーシステム検知器があります。コアスイッチとの接続により、各センサーが所属する社内LANを即時にモニタリングします。管理者はコンソールインターフェース操作により管理します。

 
5000

USERS

小規模(5000人未満)

従業員数が5,000人未満で、1つの国または1つの地域でのみ事業活動を行っている企業は、各ネットワーク環境(本社と支社)にセンサーを一台インストールし、本社のコンソールを直接使用して統合管理を行うことができます。

5000

USERS

大規模(5000人以上)

国境を越え、地域を超えた従業員数5,000人以上のグローバル大企業の場合、各ネットワーク環境のセンサーに加えて、各地域にサブコンソールをインストールする必要があり、本社コンソールで統合管理を行います。